出会い系天の声

初夜

めぐみの日記と、2ちゃんねる等の夫婦生活を紹介してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体重の合計が4トン、白サイ夫婦が「初夜」に成功

‎2012年5月30日‎
韓国では絶滅の危機に瀕している白サイ夫婦が、初夜の部屋を設けた。ソウル動物園は30日、「シンガポールから、『娘婿』として運ばれてきた白サイのマンデラとメスのチョミが結婚に成功し、市民に公開される」と明らかにした。 白サイは、マンデラとチョミを含め、韓国(続きを読む)




黒船館秘話「お仕置き編・第3話」第1節をアップしました

 マキは、少し苛立っていた。 美しい眉をしかめ、自分のディキャビン(執務室)を歩き廻っている。 常に清潔に保たれているその部屋の床は、くるぶしまで沈むじゅうたんが敷かれ、歩き回るマキの足音を消していた。 このところ、キャプテンJ、副長K・T、開発部長の彦坂九兵衛など、黒船館の主なオフィサー達は忙しくて、なかなか連絡が取れない。 資料室長の素浪人(もとなみ・じん)に至っては、外国に出張している有様だ。 皆が忙しい時に、黒船館の秩序を保つのは私の役目・・・マキは今、独自の判断で決断を下さねばならないのだ。 机の前まで来たマキが、一枚のメモを取り上げる。 今日「談話室」の給仕から届けられたその報告を読むのは、これで5回目になる。 要するに、給仕の報告によると開発部長の年齢を勘違いした館員が、たまたま通りかかった開発部長に対して、実際より歳を取っているような発言を行ったようだ。 それに対して、開発部長が誤りを訂正しようとした結果、若干気まずい雰囲気になったらしいのである。 その原因は案内係の不注意、というより無知による無邪気な発言だ・・・報告書は、そのように結論している。 黒船館のお客様が不愉快な思いをされることは、絶対に許されない。 そのようなことは、あってはならない。 それは身を以て覚えさせなければならないし、不手際は償わなければならない・・・ 結論は、ハッキリしているのだ。 ただ問題は、その方法、ね・・・マキは再び考え込んでいる。(続きを読む)




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitozumamegumi.blog76.fc2.com/tb.php/2588-9b407442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 人妻めぐみの秘密の日記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。